株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

株で勝てない理由とは?

近年、注目を集めている株式投資。しかし、投資家の全てが成功しているという訳ではありません。

失敗談などを知っておくことは、株式投資を学ぶにあたって非常に重要です。ここでは、株で負けてしまう理由と、その対処策について解説します。

株投資で敗北する要因とは?

株で勝てない要因として、次のようなことが関係しています。

株投資についての知識が足りない

株式投資や株式市場の知識がない人は、プロの投資家と比べ圧倒的に不利な立場にあります。

ただ株を購入するのではなく、その企業についての情報を集めた上で、利益に繋がるかを判断することが重要です。

この調査は先見性が求められるため、情報は多角的に集めるなくてはなりません。株式投資は楽して稼げるというイメージがあるため、肝心な情報収集を怠ってしまい負けてしまうケースが多いのです。

自分の資金を管理できていない

投資家に求められるスキルのひとつに、資金管理が挙げられます。資金に余裕をもった状態で投資をすれば、万が一失敗しても冷静に対処できます。

しかし、資金管理ができていない人は、損した分を取り戻そうとして焦ってしまい株で勝てないのです。

失敗のない投資のためには、所有株をきちんとコントロールする必要があります。そのためにも、資金・メンタルは余裕をもって管理をしなくてはなりません。

会社の名前で株を選ぶ

投資初心者が起こしがちなミスに、購入する株を企業の知名度で決めるケースが挙げられます。株式投資に関しては、会社の知名度は全く関係ありません。むしろ、大企業で株価が急上昇することは少なく、逆に損失リスクを多く含んでいる恐れがあります。

日本人はブランドで選ぶ傾向があるため、株でも有名な会社や企業を選んでしまうのです。

自分の考える投資戦略がない

投資で儲けるためには、戦略を練っておくことが必要不可欠。その方法は人によって異なりますから、自身に合った戦略を考えないといけません

他の人が行っている戦略を真似しても、自身の投資環境が違うと失敗するリスクが高くなってしまいます。

ビジネススキルを身につけてない

株式投資で勝つためには、将来性のある会社の株を選ぶ必要があります。そのためにも、ビジネスに関する知識を学ばないといけません。

各業界の動向や将来的なニーズといった知識を身につけることで、有望株が選べるようになるのです。

儲かることに集中してしまう

株式投資で利益を出すことを目的とするのは、誰もが同じです。もちろん、それも大事ですが、損失リスクを避けることも考えなくてはなりません。

儲けようとして多くの株を購入すると、その分失敗し際の損害も大きくなります。ですから、損失を最小限に抑えることは、利益率を維持するために重要なポイントとなるのです。

このようなことが、株式投資で勝てない要因です。勝てない人には、上記の要因に心当たりがある人が多いでしょう。

これから株を始めようと思っている人で、これらの要因に心当たりがあるのなら、今は手を引いておくことが勧められます。

勝者になるためにやるべきこと

株で成功するためには、投資家として基本に立ち返ることが大切です。必要最低限押さえておきたい要素には、どのようなものがあるのでしょうか。

アマチュア感覚から抜け出す

株に関する知識が足りないのであれば、その現状をそのままにしないことが重要です。投資家が知っておくべき基礎知識は、本の情報だけでは限りがあります。よって、スキルアップのためには、実践で経験を積むことが求められます。

最初は少しずつの額で投資を始めて、何度も勝てるようにします。そうすることで、徐々に勝てる感覚が身につきますし、自分が得意とする銘柄が見つかるでしょう。

このように、株式投資は感覚と理論が合致していくことで、より正確性のある投資プランが組み立てられるようになります。アマチュア感覚から抜け出すためにも、実践を踏まえた上で投資理論を築いてください。

情報を鵜呑みにしない

2015年に日経平均株価が2万円台をマークした際に、ニュースでは今後も上昇するという情報が流れました。ですが、その後株価は急落してしまい、上昇することはありませんでした。

結果、情報を信用した個人投資家の多くが、損失を抱えることになったのです。

ニュースや株専門誌で、今後注目の銘柄を紹介することがあります。ですが、その情報を鵜呑みにして購入判断を下すのは危険です。様々な情報を集めて、多角的な視点をもって分析を行えば、このような損失を負うリスクも低くなります。

資金管理の徹底と損失の耐性

ある程度株で勝ち続けると、おごりが出てしまい無計画に株を大量購入してしまう人も少なくありません。こういった投資方法は、損失リスクも大きくなってしまうため要注意。

そのため、たとえ下部で勝ち続けたとしても資金管理は冷静に行い、いつ起こるかわからない損失リスクに備えておきましょう。

所有している株価が急落してしまうと、焦って売りにだそうと考えるものです。しかし、一時的に株価が下がっても、この後上昇することもあり得ます。

資金管理と併せて、どの位の損失なら耐えられるか把握してください。耐性があればすぐに売りに出すようなことがなく、次に上昇するタイミングを冷静に判断できるようになります。

自分が勝てない理由を知る

株式投資を始めたら、必ずその日の結果をメモに残すようにしてください。

売買したタイミングや理由、ロスカットすることができなかった原因などを逐一メモしていきます。勝てない原因をひとつひとつ把握して、次の投資に生かすことが大切です。

このような要素を取り入れていくことが、株式投資で勝つために必要なことです。株で勝てないという人は、基礎から勉強し直すことも考慮してください。その際は、より実践向けのセミナーを受講することがおすすめです。

 
paegetop