株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

株価の変動に惑わされない

ここでは個人投資家を目指す人のための心得を説明します。

激動する市場で勝ち抜くための5か条

  • 「何日か下がり続けるとついつい冷静でいられなくなってしまう」
  • 「株価が気になって仕事が手につかない」
  • 「あっちの情報も、こっちの噂も気になって、どう売買していいのかわからない」

…メンタルが弱いと、株式投資を継続し、なおかつ利益を獲得していくことは難しいです。

というわけで、株式投資をスタートするにあたって是非とも知っておきたい5か条の心得をお教えします。

心得その1:株式投資は余剰資金で

絶対に、生活資金をつぎ込むことや借金をしてまで取引をしてはいけません。あくまでも、余剰資金の範囲内で行ないましょう。

特に、株式投資が初めての人は、まずはできるだけ少ない資金でローリスクの投資方法から試みるべきです。

心得その2:リスクはつきものと割り切れ

株式投資にリスクはつきものです。プロや達人といわれる投資家でも、勝率100%とはいきません。彼らと初心者の違いは、勝った時に得る利益が、負けたときの損失よりも大きいこと。

彼らのように負けるリスクやその際のダメージを最小限にコントロールする考え方やそれを実現する投資方法を知ることが大切なのです。

心得その3:クールであることを忘れるな

株式投資は、メンタルのコントロールが非常に大切です。アドレナリンが出た興奮状態で株取引を行うと、いいことはありません。大切な情報を見落としたり、知っている知識を使いこなすタイミングを失したりします。

損をしているときでも常に頭はクールに、心には余裕を持つようにしましょう。

心得その4:損を認める勇気を持て

株式投資では、保有銘柄がどんどん値下がりしてしまうこともあります。そのような場合、思い切って損切り(購入時よりも値下がりした株式を売って、損を確定しまうこと)をし、新しい銘柄に乗り換えるという判断も必要です。

損を確定させてしまうのは、いったん負けを認めるわけですから、抵抗のある人もいるでしょう。しかし元のまま保有し続けると、もう売るに売れなくなってしまい、含み損がどんどん膨らんでしまう可能性もあるのです。

心得その5:自己責任を肝に銘じよ

証券会社のサイトや雑誌などでは、株式投資のノウハウや個別銘柄に関する情報やアナリストの分析を容易に入手することができます。

しかし、あなたが損をしたからといって、誰も補償をしてくれるわけではありません。株式投資は、あくまでも自己責任だということを肝に命じること。

単に情報に流されるのではなく、自分で勉強し、自分で情報を分析し、自分で判断する力を身につけるように努力しましょう。

株に負けがちな人に多く見られる傾向

株式投資は勝ち方ばかりに意識を向けてはいけません。負けてしまう人の傾向を理解し、二の足を踏まないようにしましょう。

株に対する知識量の不足

株式投資の初心者には、基本知識を習得しただけで株を分かった気になってしまう人が後を絶ちません。

というのも、株を始めるには、数多くの専門用語を覚える必要があります。投資初心者は知識がそこに傾いてしまい、投資に重要となる「相場を読み解く力」への知識が浅くなってしまうのです。

料理で例えると「食材の栄養表示や、調理器具に関する情報を調べても料理は上手くならない」ということです。

情報の過信に要注意

勉強するのが悪いというような言い回しになりましたが、知識の習得は大切です。しかし、その知識の使い方が重要なのです。

雑誌や株式投資の関連本では、注目株に関する様々な情報が行き交っています。そのような情報を鵜呑みにして、購入する株を選んではなりません。

株を購入するためには、根拠を持つことが重要です。業績の推移や、新製品の発表、合併・買収など、企業の動向などを調査した上で、購入を検討する必要があります。

「この雑誌が特集しているから大丈夫だろう」という薄っぺらい根拠では、目隠しで適当に選んだ銘柄を購入するのと変わりません。

そもそも雑誌に紹介されるような銘柄は、すでにプロの投資家によって手を付けられていることがほとんどです。

株を始める前に知っておく「パレートの法則」

マーケティングや統計分野では「パレートの法則(別名:20対80の法則)」が頻繁に応用されています。

★パレートの法則とは

パレートの法則とは、1986年にイタリアの経済学者 ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が論文で提唱した、「物事を構成する要素が全体に占める割合はかたよりがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている」という考えのこと。

具体的には、社会全体の上位2割の(富裕層)が世の中の富の8割を保有しており、逆に8割の低所得者層は社会全体の富の2割しか占めていないと言われています(「8割」や「2割」といったキーワードから、「80:20の法則」、「2:8の法則」と呼ばれることも)。

引用元:RULES OF SUCCESS
http://rules-of-success.jp/mental/pareto-law/

この法則は株式投資にも当てはまるところがあります。しかし、株式投資では利益・損失を繰り返し出すこともあるため、実際のところ「損益を出す人:80%」「利益を得る人:10%」「プラマイゼロの人:10%」に分類されるといわれているのです。

敗者は淘汰されてしまう世界であることを知っておく

限られた人間しか勝者になれない株式投資の世界で生き残るには、プロ同様の知識と経験を積むこと求められます。経験を積むためには多少の損失を被ることも、覚悟しておいた方が良いでしょう。

目先の結果に一喜一憂するのではなく、結果に応じた対策や分析を入念に行うことが重要になるのです。

勝ち方に対する考え方を改めるのも大切

プロの投資家から見る株の勝ち方とは

プロの投資家は情報の収集力・分析力に優れており、スピード、正確性共に高い精度を誇っています。機関投資家になると各分野の専門家が集結しているため、個人投資家がその土俵に乗ろうと思っても、到底真似できるような芸当ではありません。そしてプロと初心者で大きく分かれるのが、ロスカットの出し方です。

いくら経験豊富な投資家でもコンスタントに勝ち続けることは困難で、10回の取引のうち7回は負けているとされています。しかし、一度の損失が初心者と比べて非常に少額であるため、トータルで見るとプラスとなるのです。

勝ち方を指南する情報誌は数多くありますが、負け方を指南する情報はそれほど多くありません。「負け方」を知るということは、先見力が必要となる大切な要素なのです。

個人投資家に求められるのは先見力

個人投資家を目指すのであれば、先見力を鍛えることが大切です。そのためにも情報を精査する力を身につけましょう。特に信ぴょう性のない情報や、利益と直結しないような情報は早急にシャットアウトすることが大切です。あくまでも株価の動向。ここにアンテナを張り巡らせてください。

株式投資セミナーでは銘柄の動向や読み方について学ぶことができます。実践に活かせる知識を習得し、個人投資家としてのキャリアを高めましょう。

 
paegetop