株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

株価の変動に惑わされない

ここでは個人投資家を目指す人のための心得を説明します。

激動する市場で勝ち抜くための5か条

  • 「何日か下がり続けるとついつい冷静でいられなくなってしまう」
  • 「株価が気になって仕事が手につかない」
  • 「あっちの情報も、こっちの噂も気になって、どう売買していいのかわからない」

…メンタルが弱いと、株式投資を継続し、なおかつ利益を獲得していくことは難しいです。

というわけで、株式投資をスタートするにあたって是非とも知っておきたい5か条の心得をお教えします。

心得その1:株式投資は余剰資金で

絶対に、生活資金をつぎ込むことや借金をしてまで取引をしてはいけません。あくまでも、余剰資金の範囲内で行ないましょう。

特に、株式投資が初めての人は、まずはできるだけ少ない資金でローリスクの投資方法から試みるべきです。

心得その2:リスクはつきものと割り切れ

株式投資にリスクはつきものです。プロや達人といわれる投資家でも、勝率100%とはいきません。彼らと初心者の違いは、勝った時に得る利益が、負けたときの損失よりも大きいこと。

彼らのように負けるリスクやその際のダメージを最小限にコントロールする考え方やそれを実現する投資方法を知ることが大切なのです。

心得その3:クールであることを忘れるな

株式投資は、メンタルのコントロールが非常に大切です。アドレナリンが出た興奮状態で株取引を行うと、いいことはありません。大切な情報を見落としたり、知っている知識を使いこなすタイミングを失したりします。

損をしているときでも常に頭はクールに、心には余裕を持つようにしましょう。

心得その4:損を認める勇気を持て

株式投資では、保有銘柄がどんどん値下がりしてしまうこともあります。そのような場合、思い切って損切り(購入時よりも値下がりした株式を売って、損を確定しまうこと)をし、新しい銘柄に乗り換えるという判断も必要です。

損を確定させてしまうのは、いったん負けを認めるわけですから、抵抗のある人もいるでしょう。しかし元のまま保有し続けると、もう売るに売れなくなってしまい、含み損がどんどん膨らんでしまう可能性もあるのです。

心得その5:自己責任を肝に銘じよ

証券会社のサイトや雑誌などでは、株式投資のノウハウや個別銘柄に関する情報やアナリストの分析を容易に入手することができます。

しかし、あなたが損をしたからといって、誰も補償をしてくれるわけではありません。株式投資は、あくまでも自己責任だということを肝に命じること。

単に情報に流されるのではなく、自分で勉強し、自分で情報を分析し、自分で判断する力を身につけるように努力しましょう。

 
paegetop