株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

株式投資の基礎知識

株式投資をするために必要な知識は、実に多岐にわたります。まずは、株式投資のキホンのキとして、株式によって得られる利益にはどんな種類があるのかをおさえてください。

個人投資家として、知っておかなくてはいけないこと

分岐で悩む男性まずは、あなたが株主として得ることのできるメリットがどんなもので、どんな手続をしたら株式の売買ができたり、配当金などを受取ることができるのか?これをわかっておかないと、話になりません。もちろんメリットの裏にかくれたデメリットも知っておく必要があります

それから株式投資は、理論的な世界のように捉えられがちですが、心理面の知識が意外重要なウエイトを占める世界であることも強調しておきます。どういうことかというと、初心者の場合、はじめて株式投資をしようとする際に、「損したらどうしよう。嫌だな」という壁ができます(個人により高い低いはありますが…)。

しかし、その壁を乗り越えずして、株主への道は開けません。私が心の壁をとりのぞくコツをお教えすることで、あなたの株式投資の成功への第一歩につながれば嬉しいと思います。

そして株式投資をするあなたが避けては通れない株式用語についてのコンテンツもお届けしてみます。一度にマスターするのは至難の技ですが、まずは最低限の勉強をしてください。

株式投資って何?

投資家が「株を買う」ということは、資金集めをしている企業に対し、資金提供をしていることに他なりません。

資金提供をした投資家は、株主と呼ばれます。株主は、提供した資金の額に応じ(取得した株式の数に応じ)、様々なメリットを享受することができます。もちろんリスクもあります。

これら株主としてのメリットとリスクを同時に取得することを、一般に株式投資と呼んでいます。

株式投資の3つの魅力

株式投資には、主に以下の3つの魅力があります。

1.値上がり益

株価は常に変動しています。株式を10万円で買ったとして、翌月それが20万円に値上がりしていたら、その時点で売れば10万円の利益を得ることができます。これが値上がり益。株式投資の最大の醍醐味と言えるでしょう。

2.株主優待

株式を保有中は、その企業の株主として、なんらかの優遇サービスを受けることができます。かつては当該企業の営業に関わる割引券などが主流でしたが、現在では、「お米○キロ」、「〇〇地方の特産品」など、個性的な株主優待も多く登場しています。

3.配当金

企業に利益が出れば、その一部を配当金としてもらうことができます。経営が順調な企業であれば、半期ごとに年2回の配当が出ます。「1株あたり〇〇円」という計算をするので、保有株式が多ければ多いほど、配当金の額も大きくなります。

株式投資のはじめるには?

株式投資を始めるためには、証券会社に口座開設をする必要があります。難しい手続きはありません。銀行に口座開設をするよりも手軽です。

一般に取引されている株式(上場株式)は、すべて証券取引所という組織に集約されています。投資家は、証券取引所で直接株式の売買を行なうことができず、かならず仲介業者である証券会社を経由して売買しなければなりません。

証券会社で売買するためには、前提として口座開設をする必要があるのです。

株式投資はいくら必要?

株式投資に必要な金額は、株価や単元によって異なります。安い銘柄であれば、数万円程度から投資が可能です。逆に高い銘柄だと数百万円が必要になります。価格の幅が広いので、どんな人にも門戸が開かれているのが株式投資です。

ただし、購入するうえで気を付けたいのが、単元という概念。たとえば、1株500円の銘柄だったとしても、単元が1000株であれば、1000株の倍数でしか買うことができません。つまり、50万円の倍数でしか買うことができないということです。

また、同じく500円の銘柄でも、単元が100株であれば、5万円の倍数で買えることになります。

なお、単元に達していない中途半端な株数のことを、「単元未満株」「端株」などと呼びます。持ち株会は、単元ではなく金額で株式を購入するシステムなので、単元未満株を持つことがあります。

また、証券会社によっては、単元の10分の1から購入が可能な「ミニ株」という制度もあります。

株はどうやって選べばいいの?

株式投資は、買ったときよりも値上がりしているときに売ることで利益が出ます。値上がりしそうな株式を買えば儲かるということです。

株式には値上がりするか値下がりするか、二つの道しかないため、一見簡単そうです。しかし、しっかりと戦略を立てて投資を行わなければ、思わぬ損失を被ることもあります。

たとえば、値動きの激しい銘柄であれば、短期投資が向いています。特定の1銘柄に焦点を絞り、今日買って明日売る、というくらいの姿勢でも良いでしょう。

逆に、値動きの安定した銘柄であれば、企業の業績などをしっかりと分析して、長期投資のスタンスで臨むのが良いでしょう。1銘柄集中ではなく、複数の好業績企業に分散投資をすれば、よりリスクを軽減させることができます。

また、銘柄ごとに、値動きのクセがあります。値動きのパターンと言うこともできます。このパターンを利用すれば、より高確率で利益をあげることも可能です。

クセ、パターンを知るためには、過去の値動きを折れ線グラフで表した「チャート」をよく分析しましょう。

株式投資に興味があるなら、まずは勉強

運や直観に頼った株式投資でも、ビギナーズ・ラックはあります。それが2回、3回と続くこともあるでしょう。

また、相場全体(日経平均やTOPIX)が上昇トレンドにあるときは、どんな銘柄を買っても、基本的には値上がりします。

しかし、このような運、直観、相場状況に頼った投資姿勢では、必ず、100%と言っても過言ではないほど、長期的な収支がマイナスになります。

どのような相場状況でも終始をプラスにするためには、勉強が必要。統計学に基づいた投資姿勢が必要なのです。

投資技術は、自分で勉強すれば必ず身に付きます。自分で勉強するのが大変ならば、投資セミナーや学校もあります。

方法はなんであれ、勉強して投資をする、という姿勢は忘れないようにしましょう。

 
paegetop