株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

株式投資を始めるまでの流れ

株式投資を実際にはじめるために証券会社に口座開設する流れを紹介します。

証券会社に口座を開く

株式投資をするためには、証券会社に口座を開設する必要があります。

といっても口座の開設や維持に手数料はかかりません。申込書をやりとりする郵送費も、証券会社が負担してくれます。銀行に口座を持つのと同じですね。

ここでは証券会社への口座開設のための準備事項や手続きの流れを確認してみましょう。これからインターネットを使って、株式投資を行なう場合、やはりネット証券を利用する人が多いと思いますので、ネット証券の場合を想定して説明してみます。

1:メールアドレスを用意する

ネット証券では、売買に関する通知をはじめとする連絡に電子メールが利用されます。そこで、1人につき1つのメールアドレスが絶対に必要になります。

もしも夫婦で同じメールアドレスを使っている場合は、1つの口座しか開設できません。

2:金融機関の口座を用意する

証券会社の口座に入金する、あるいは証券会社の口座から出金をするためには、銀行の口座を経由して行なう必要があります。

ほとんどの人は銀行やゆうちょの口座を持っているはず。ひとつだけアドバイスするとすれば、インターネットバンキングの手続をしていないなら、この機会に是非手続をお勧めします。証券会社の口座の入出金が、いちいちATMに行かなくてもできるようになるからです。

また、自分の証券会社と提携している銀行であれば、入金の手数料が無料になることもあるので、そのあたりも確認するといいでしょう。

3:申込書と本人確認の書類を送る

メールアドレスや金融機関の口座がOKなら、最後に申込書の提出です。

このときですが、いっしょに本人確認資料を送る必要があります。本人確認資料というのは、運転免許証や各種健康保険証、パスポート、外国人登録証明書など。

いずれもコピーで大丈夫ですが、有効期限(発行から6ヶ月以内のものを使う)があるので気をつけてください。

 
paegetop