株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

初心者のための株式用語

株式投資をこれからはじめる方のための、最低限の株式用語を集めています。

知らないと始まらない最低限の用語集

株式投資の世界に足を踏み入れると、多種多様な専門用語とむきあうことになります。意味を知らなくても株式投資はできます。

しかし、知らないよりも知っていたほうが、より上手に投資ができるという声もたくさんあります。

まずは、最低限として知っておきたい用語を集めてみましたので、チェックしてみてください。

【あ行】

  • アナリスト
    投資情報の分析や企業の投資価値を判断する専門家。証券会社やリサーチ会社にいる。
  • 安定株主
    業績や株価に左右されず、長期間株式を保有する株主。
    役員、取引金融機関、取引先、関係会社など。

  • もともとは、取引所の売買注文を記録する注文控のこと。
    コンピューター化された現在では売買注文の分布状況を指す。
  • 委託手数料
    売買注文が成立した際に証券会社に支払う手数料。
  • インサイダー取引
    企業の重要事項を知る立場の者が、その情報が公開される前に株券等の売買を行うこと。

【か行】

  • 株価収益率(PER)
    株価を1株当たりの純利益で割った数値。重要な投資指標のひとつ 。
  • 株価純資産倍率(PBR)
    株価を1株当たりの純資産で割った数値。重要な投資指標のひとつ。
  • 下方修正
    企業の業績が当初の予想より悪い状況になること。逆の状態は、「上方修正」。
  • 監理ポスト
    上場廃止の危険性のある会社を、周知徹底させるために移される専用の取引ポスト。
  • 機関投資家
    顧客から資金を集めて有価証券を運用する法人投資家(銀行、保険会社、ファンドなど)のこと。
  • 決算短信
    上場企業が決算発表の際に、決算内容を開示する書類のこと。

【さ行】

  • 債務超過
    債務の額が資産の額を超過している状態。倒産する可能性が極めて大。
  • 指値注文
    値段を決めて売買する注文方法。値段を決めないで入れる注文は、「成行注文」。
  • 仕手株
    短期で利鞘を稼ぐために意図的に相場を操作する投資家(仕手筋)のターゲットになる銘柄。
  • 新興市場
    ベンチャー企業など若い新興企業が多く上場している市場市場。
    東証マザーズ、大証ヘラクレス、ジャスダックなど
  • 整理ポスト
    上場廃止が決定した銘柄を、投資家に周知させるために移される専用のポスト
  • 損切り
    購入した株が値下がりした状態で、損失を承知で売却すること。

【た行】

  • 第三者割当増資
    特定の第三者に新株引受権を付与して行う増資。業務提携先との関係強化などに用いられる。
  • 中間決算
    事業年度の中間時点で行う決算。
  • 低位株
    株価水準の低い株式のこと。
  • 特定口座
    投資家の納税手続の負担軽減を目的に作られた証券会社の口座のこと

【な行】

  • 成行注文
    値段を決めないで売買する注文方法。値段を決めて入れる注文は「指値注文」
  • 日経平均株価
    日本経済新聞社が公表している、東証1部上場225銘柄の平均株価を示す株価指標。
  • 年初来高値
    その年に記録した最も高い株価。反対は、年初来安値

【は行】

  • 配当金
    利益の一部を、株主に分配したお金のこと。
  • 浮動株
    いつでも売却してくる可能性が高い投資家(投機家、個人株主など)に所有されている株。
  • 保管振替制度
    株券等を(財)証券保管振替機構に預託し、株券の受渡しなどの処理を軽減する制度。

【ま行】

  • 未公開株
    株式市場に上場されていない株式。
  • 目論見書
    有価証券の募集又は売り出しにあたり、投資家に交付する文書。
    有価証券の内容や条件等を記載している。
  • 模様眺め
    相場の状況がはっきりするまで静観していること。

【や行】

  • 約定
    取引が実行され、注文が成立すること。
  • 優先株
    配当や残余財産などの権利を優先的に受けられる株式。
  • 有価証券報告書
    事業年度ごとに作成する企業内容の開示資料(財務局長などに提出を義務づけられている)。

【ら行】

  • 利食い
    購入した株が値上りしている状態で、利益を確定すること。
  • 連結決算
    親会社と子会社など支配従属関係にある企業集団を一つの組織体とみなして行う決算。
  • 連想買い
    値上りした銘柄があると、それに関連した銘柄も値上がりすると連想して買うこと。

【わ行】

  • ワラント(新株予約権)
    一定期間内に株式を一定価格で取得できる権利。
  • 割高株
    さまざまな投資尺度からみて、市場の平均値と比べて割高と判断される銘柄や、過去の株価水準からみて、現在の水準が割高だと判断される株式のこと。 反対が、割安株。
 
paegetop