株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

ローソク足をマスターしよう!

株価を判断する基準として「ローソク足」が一般的に広く用いられています。株で成果を上げたいのであれば、必ずローソク足についての理解は必須。「株を始めたばかりで何を勉強していいかわからない」という方は、まずはローソク足をマスターして株の動向を把握できるようになりましょう。

そもそもローソク足とは?

ローソク足とは、株価が一日や一週間でどのような動きをしたのかを表す指標です。1本のローソクで始値・終値・高値・安値を表します。ローソク足のなかにも分足・時間足・日足・週足・月足などの種類があり、どのような情報を得たいかによってローソク足を使い分けることが可能です。

陰線と陽線について

まずローソク足の見方として、「陰線と陽線」を把握しましょう。陰線とは、四角の部分つまり実体が黒や青で塗り潰されているものです。この場合、始値の方が高く、終値の方が安くなったことを表しています。一方、実体が白や赤になっているものは終値の方が高くなっている陽線です。

つまり実体をチェックすることで、始値と終値がどうだったのかを知ることができます。

上ひげと下ひげについて

上ひげは高値、下ひげは安値を表しています。例えば安値が終値と同じであれば、下ひげは記入されていません。ひげの長さが短ければ、株価の変動が少なかったと言えます。反対に長ければ、急激な変動があったと言えるでしょう。

例とし上ひげが長ければ、一旦株価は高値がついていました。しかし終値は下がっているため高値がついたあと、すぐに安くなったと判断することができます。ここから未来の動向がどうなるか検討する材料になるでしょう。

ローソク足の見方

ローソク足は、単体でみても株の動きを読むことができません。全体をみることで株の動きを探ることが可能になるでしょう。ローソク足の組み合わせによって、売り時や買い時などの目安をチェックすることができます。代表的なパターンは、三空叩き込みや三空踏み上げなどです。

しかし、必ずそのパターン通りに動くとは言えません。場合によっては、損することもあるのが株です。色々なパターンをチェックし、自分が納得した上で株の売買を行いましょう。

ローソク足をマスターしよう

ローソク足は、株価をチェックする上で基礎となるものです。ローソク足をマスターすることで、株価の変動などをチェックすることができます。ローソク足をマスターできるかどうかで、投資の成果が変ってくるとも言えるでしょう。まずチャートを確認し、ローソク足がどのようになっているのかチェックしてみましょう。何度も経験を積み、きちんと株の動向をチェックできるようになってください。