アセットライフ

  • 主なコースと受講料
    教材(DVD)購入34,800円(税込)に、講師への質問や銘柄についてのアドバイスがもらえる特典がついている
  • 講師
    投資顧問会社(金融商品取引業登録者)の代表取締役 
  • 運営会社名:有限会社ワイワイトップ 
  • 通学講座の所在地:東京<不定期>

不況下でも利益を出し続けるプロのノウハウをDVDで。

株取引

株式投資セミナーをはじめ、海外投資、不動産、FX投資などの投資に関するさまざまなセミナーを開催しているのがアセットライフです。投資顧問会社の投資戦略レポートや売買メソッドを収録したDVDによる情報提供がサービスの中心となっています。

DVDの内容としては、近年のシビアな経済環境の中で、実績を残したプロトレーダーによる成功ノウハウとアドバイスといったところです。例えば、2008年の後半に起こった、100年に一度といわれる金融危機(いわゆるリーマンショック)のときも利益を出し続けた投資顧問会社の社長の講演を入手することができます。その他にも、いろいろなテーマにもとづいたDVDコンテンツがラインナップされています。

アセットライフで提供されているコンテンツをいくつか紹介してみましょう。「金融恐慌の中でも勝ち続けるための株式投資術」「外国人投資家の日本株の買い方を読み解いて、絶好の売買タイミングを見逃さない」「100万円を3億800万円にしたプロトレーダーから学ぶ、相場サイクルを見極める」といったタイトルが並んでいます。

アセットライフで実績のあるトレーダーの経験・ノウハウをもとにした貴重な情報を得ることができるのは確かです。しかし、あくまでもDVDによる情報提供がメイン。ナマの授業や講演を通じて、投資家としての本質的なレベルアップへと導いてくれる学校とは異なる種類のサービスです。

「株式投資という世界の基礎をしっかりと学び、その上に応用力、実践力を確実に積み上げていきたい」という初心者のニーズに応えるものとは少し違います。

アセットライフの評判

  • 初心者のため話についていけるかどうか不安でしたが、思いのほか大丈夫でした。相場サイクルについて基本的なことから順を追って教えてもらいました。
  • 短期投資から長期投資まで幅広く知識の吸収に役立った。まずは短期投資から始めて、上手くいったら長期投資をしていきたい。

アセットライフの人気講師を紹介

業界から重宝されている講師「松川 行雄」

株式会社インフォストックスドットコム代表取締役。1981年、上智大学法学部を卒業。当初はメーカー勤務に就くも、88年大和証券に転職し、投資の世界に足を踏み入れます。

香港支店から帰国の後は外国株式部に籍を置きつつ、自身の投資情報サイトである「ワールドストックジャーナル」を開設し、独自の情報発信を行ない始めます。99年大和証券を退職後独立し、株式会社インフォストックスドットコムを設立しました。

現在は株式情報サイト「ストックキャンパスドットコム」の運営を行ないながら、投資関連の執筆活動や、セミナー講師としても活躍中。特に米国株の特徴や動向を的確に語ることができる数少ない講師として、業界から重宝されています。

お金の大切さを伝える活動家「田口 智隆」

株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役CEO。1992年、学習塾の講師となります。塾では大学受験生を担当し、現代文を教えていました。1999年、父親の病気をきっかけとして、父親が経営する保険代理店に転職。その担当店舗を地域ナンバーワン代理店へと成長させ、その後は借金を重ねるようになってしまいます。28歳の時に自己破産を考えるまでに追いつめられるも、一念発起し、徹底した節約術を駆使して数年で借金を完済することに成功。

借金がなくなった後は「コア・サテライト投資」などの投資運用で資産を拡大させ、34歳の時にはお金のストレスフリー(お金に不自由しない状態)を実現、ハッピーリタイアします。その後株式会社ファインシャルインディペンデンスを設立して、お金の大切さを伝える活動に力を入れるようになりました。

現在はマネー・カウンセリングの他、投資コンサルティング、セミナー講師としても活躍中。主な著書に「お金が貯まらない人の悪い習慣39」、 「1億円が貯まる人の24の成功ルール~無一文でも10年かければできる!』などがあり、オールアバウトフィナンシャルサービス登録IFAでもあります。

数々の経験で培われたノウハウを駆使「尾崎 式史」

個人投資家。関西大学工学部卒業した後、日商簿記一級を取得。大手専門学校で会計学を教える講師となりますが、同時にさまざまなネットビジネスを立ち上げる起業家にも協力していました。

公認会計士を目指している途中で株式投資の魅力を知り、相場の研究を始め個人投資家となります。数々の失敗も生かしつつチャート分析に没頭し、個人でもネットトレードができるようになり始めた2000年ごろから、デイトレーダーとして活動を始めます。「チャートはあらゆる事象を反映している」という信念を持ち、下降相場でも利益を出し続けるトレード術を磨き、2005年には勝ち組投資家育成のための「尾崎塾」を開講、その後株式会社トレードライフ・コンサルティングを設立しました。

しかしトレードの最前線に身を置きたいという願いから、2013年に株式会社トレードライフ・コンサルティングを廃業、個人投資家に戻ることに。そのノウハウは全国各地でのセミナーや、無料メルマガ「初心者でも株でしっかり月20万円」などで伝えられています。

日本初の独立系投資信託会社を設立「澤上 篤人」

日本初となる独立系投資信託会社さわかみ投信株式会社を設立した、長期投資家。顧客数12万人、純資産3,000億円のさわかみファンドを運用するパイオニアとしても有名です。

スイス・キャピタルインターナショナルや山一證券のファンドアドバイザーなどを経て、1980年から1996年までピクテ銀行日本代表、同社日本法人の代表取締役を務めます。その後1996年さわかみ投資顧問株式会社、1999年にはさわかみ投信株式会社を設立。現在も取締役会長と籍を置いています。

モットーとしているのは「より良い世の中作り」。投資の力でそれを実現するため、志を共にする長期投資仲間と共に活動しています。長期投資で資産を増やし、カッコよくお金を使い、その先に広がる世界を多くの人に見てほしいと願っているとのことです。2015年には公益財団法人「お金をまわそう基金」を設立しました。

個人ブログ『澤上篤人の長期投資家日記』でストレートな思いを書き連ねている他、さわかみ投信が発行する月中レポート「長期投資だより」の「俺の本棚」というコラムの執筆も行なっています。

また「長期投資はじめの一歩 -明日につながるプラスサムの資産形成をしよう」、「その時、あなたの預貯金は本当に安全か?」、「お金に支配されない生き方」など多数の著書も出しています。

おすすめ株式投資セミナー比較はこちら>>

 
paegetop