株式投資セミナー比較サイト
着実に儲けを出すための株式投資セミナーとは

フェアトレード株式スクール

  • 主なコースと受講料
    初級コース(1回60分全2回)15,000円(プライベート)/12,000 円(グループ)、中級コース(1回90分全5回)100,000円(プライベート)/90,000 円(グループ)、上級コース(1回90分全3回)60,000円(プライベート)/50,000 円(グループ)
  • 講師陣:元証券アナリスト兼ファンドマネージャ
  • 運営会社名:フェアトレード株式会社
  • 通学講座の所在地:東京(八丁堀)

初心者をスピーディーに育てる株の学校

株取引

フェアトレード株式スクールは、「まったくの株初心者が、最短時間で株式投資のプロと同等の技術や知識をマスターするために考案された、株初心者のためのプログラム」を提供していてくれる株の学校です。

フェアトレード株式スクールでは、自社の株式投資セミナーで初心者が上達できる理由として次のようなポイントをあげています。

1つめのポイントは、1対1の個別指導。マンツーマンならではの適度な緊張とリラックスが短期間でマスターできる秘訣です。

そして2つめは、プロの考えたプログラム。ダイヤモンド社や日経ビジネスなど執筆依頼がたえない講師陣による質の高いオリジナルテキストで学ぶこと。その他、受講終了後もうけられる受講生専用ホームページによる継続的サポートも初心者の着実なレベルアップにつながっているようです。

フェアトレード株式スクールの評判

  • 難しいことを細かく噛み砕いて教えてもらえますから、初心者でもわかりやすい授業です。四季報の読み方という、基本中の基本から教えてもりましたが、企業価値を自分なりに判断できるようになり、とても満足しています
  • プロの投資家が銘柄選び・売買時期のポイントを分りやすく教えてくれるのが、一番の魅力。中級コースを終了しましたが、自信を持って銘柄選びができるようになりました。
  • 私の所有している株が暴落し、パニックになってしまったときがありました。あの時は、メールや電話、受講生専用SNSで相談にのってもらうことができて本当に助かりました。

フェアトレード株式スクールの講師を紹介

フェアトレード株式スクールの講師は、ダイヤモンド社や日経ビジネス、日本証券新聞などから企業分析や調査、執筆の依頼が多く寄せられる、株式投資業界の有名アナリスト。同スクールのカリキュラムは、そんな現役アナリストが理論と実務経験に基づいて考えた「株式投資の王道」を、初心者が最短でマスターできる構成となっている。

西村剛

フェアトレード株式会社代表。著書に「実践空売りトレード(明日香出版)」「大証FX入門(明日香出版)」などがあります。

1997年に国際投信委託株式会社に入社。在籍中は、投資信託のパフォーマンス分析やコンプライアンス業務に従事し、その後、国内株式中小型株のアナリスト、ファンドマネージャーとして株式運用に携わる。当時は年間200社もの企業調査や株式運用を実際に行っており、日本証券アナリスト協会検定会員の肩書も持っています。

2005年に「All About」にて「初めての株式投資」のガイドとしてコラムを連載。その後、日経ビジネスや日経マネー、ダイヤモンドZAIなどの雑誌媒体でも執筆を行い、2007年にはジャスダック証券取引所メールマガジンにコラムを連載するまでに。ラジオNIKKEIの「夕焼けマーケッツ」への出演経験もあるので、名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

証券アナリスト検定会員という強みを活かして、統計データを重視したシステムトレードに注力。2009年頃からは、システムトレードの達人を使って「みんなの株式」「YAHOO!ファイナンス」などでも執筆を行い、現在も投資の達人コーナーでファンダメンタルズ分析と定量分析を使った視点で投資予想を続けています。

2011年、2012年、2013年の株―1グランドチャンピオン大会で三連覇を達成。現在の勝率は54%(103勝85敗)と、かろうじて勝ち越している状態だが、「一番大切なことは損をしないこと」と自らが教えるように、正しい知識とルールを守れば、マイナスが続いても最終的にはプラスに転じることができることを証明しています。

同スクールは2005年5月に創設。「一人でも多くの自立した投資家を作るため」「株式投資を通じて豊かな人生を送ってもらうため」。ファンドマネージャーとしての実務経験、数百社に及ぶ企業分析、リアル投資のノウハウ。それらをアウトプットして「負けない投資家」を育成したいというのが西村代表の考えです。

また、フェアトレード株式会社としては、同スクールのほかに、「フェアトレード投資戦略パートナーズ」の講師としても活動しています。確率と統計に基づいた投資方法を学べる、システムトレードメール講座の配信や、システムトレード検証ソフト「システムトレードの達人」の販売など、幅広い事業を展開しているようです

パートナーは年利40%前後で安定した運用を続ける斉藤正章氏と平山修司氏。いずれも現役トレーダーで、斉藤正章氏は著書もいくつか出版している。

現在、フェアトレード株式スクールの方は、カリキュラムのリニューアルのため受付を停止しているようですが、西村代表のシステムトレードを学びたいという方は、無料メール講座から始めてみるのも良いかもしれません。

西村代表の強みは、日本株ファンドマネージャー兼アナリストとして延べ200社の企業訪問と企業調査を行い、ファンドマネージャーとして数百億円の運用を実際に行ってきた経験です。「投資対象銘柄の発掘」「企業の優劣の見分け方」「リアルなトレーディング手法」などは、他の投資家や講師よりもリアリティのあるものだと思います。

おすすめ株式投資セミナー比較はこちら>>

 
paegetop